ヨーロッパ系航空会社のステキなユニフォーム

外資系航空会社といって真っ先に思い浮かぶのは、

お国情緒溢れたユニフォームでしょう。

ヨーロッパ系航空会社のユニフォームは、

とにかくエレガントでスタイリッシュ。

さすがヨーロッパ系キャリアです。

大手日系航空会社は色もダークカラースーツに

スカーフで少しアレンジするという控えめさ。

(これはこれで好きですケドね。)

と比べたらヨーロッパ系の個性剥き出し感がすごいのなんの。

コーポレートカラーをバーンと背負った制服ですよ。

街中で見たらギョッとするかもだけど、

空港や機内ではめっちゃ映える!

まずは、KLMオランダ航空の制服はロイヤルブルー。

中のシャツ襟を立たせているクルーがオシャレでした♡

そしてお次は

オーストリア航空の全身真っ赤っ赤制服。

ストッキングも赤という徹底ぶり。

日本人だと負けてしまいそう?

そうですね、そういう気持ちでいると

ユニフォームに着せられている感が出てしまうかも。

でも、外資系航空会社を目指す人は

ビビッドなユニフォームほど着たくなるものです。

制服の色に負けていたらスタートラインにすら立てませんよ。

日本線を撤退してしまいましたがヴァージン航空も

真っ赤っ赤でしたよね。

赤といえばエールフランス航空もネイビーを基調に

赤いサッシュベルトが♡

2021年に経営破綻したアリタリアイタリア航空も

イタリアンカラー赤x緑を基調にしていましたっけ。

北欧のフィンランド航空はネイビーを基調とした

無駄が無いシンプルスッキリデザインが北欧らしくとてもステキ。

寒いお国柄ゆえ、レザーのロングブーツや手袋も支給されるそう✨

いつかは憧れのヨーロッパ系航空会社に入りたい・・・

ステキなユニフォームを見ると必ずや思うのでした。